DHISサービストップページ ■■■ mdn.jp ■■■
「DHISサービス」をご利用になると、動的IPでも独自ドメインを利用してご自宅のパソコンをサーバーとして公開できます。
まほろばトップ | ビジネスホスティング | データベースサーバ | レンタルエコノミー | まほろば会員入会
■トップページ

お問合せ

■DHISとは?
ダイナミックDNS
独自ドメイン利用
メールリレー
公開鍵での暗号化

■お申込
利用できる方
利用料金
申込方法

ご利用上の注意
必ずご覧下さい。

■ご利用方法
設定方法概要
クライアントソフト
設定方法UNIX
設定方法windows
NATの設定例
独自ドメインDNS設定

■ご利用者の声
自宅サーバノウハウ
サーバ公開奮闘記
使ってみて・・・・

よく頂くご質問

会社概要

サービス約款


ご利用方法

UNIX用クライアントソフトの設定例(公開鍵で認証する場合:rpmから導入)
 
  • dhid-5.1-0vl4.i386.rpm をダウンロードして、DHIS クライアント(dhid)をインストールする。

  • /etc/dhid.confを図のように設定する。

  • /etc/rc.d/init.d/dhid start  によってdhidクライアントを起動する。

  • 【確認】nslookup 等でちゃんと正引きできているか確かめましょう。
  • 【注意】ファイアーウォールなどは一時的に無効した上でご確認下さい。

【図の説明】
  1. 会員番号
  2. 弊社よりメールにて送付する暗号鍵を貼り付けます。
  3. DHISサーバのアドレス

UNIX用クライアントソフトの設定例(公開鍵で認証する場合:tarから導入)
 
  • dhid-5.3.tar.gz をダウンロードして、DHIS クライアント(dhid)をインストールする。

  • 環境によって(Fedora13など)は、下記のライブラリを導入して下さい。
    # yum install gcc
    # yum install gmp-devel gmp

  • # tar zxvf dhid-5.3.tar.gz
    # cd dhid-5.3
    # make
    (エラーが出る場合もありますが、無視して下さい)
    # cp -i dhid /usr/bin/dhid

  • /etc/dhid.confを図のように設定する。

  • /usr/bin/dhid  によってdhidクライアントを起動する。

  • 【確認】nslookup 等でちゃんと正引きできているか確かめましょう。
    エラーメッセージは/var/log/messageなどに出力されます

  • 【注意】ファイアーウォールなどは一時的に無効にし、NATを設定した上でご確認下さい。

【図の説明】
  1. 会員番号
  2. 弊社よりメールにて送付する暗号鍵を貼り付けます。
  3. DHISサーバのアドレス


  【Windowsのコマンドプロンプト】
  1. ifconfig /flushdns
  2. nslookup
  3. server dhis.mahoroba.ne.jp
  4. 調べたいドメイン名+最後のドット  例)home.mahoroba.ne.jp.

UNIX用クライアントソフトの設定例(パスワードで認証する場合)
 
  • dhid-5.1-0vl4.i386.rpm をダウンロードして、DHIS クライアント(dhid)をインストールする。

  • /etc/dhid.confを下図のように設定する。

  • /etc/rc.d/init.d/dhid start  によってdhidクライアントを起動する。

  • 【確認】nslookup 等でちゃんと正引きできているか確かめましょう。

【図の説明】
  1. 会員番号
  2. 弊社よりメールにて送付するパスワード(平文)。
  3. DHISサーバのアドレス


↑ページの最初に戻る

※まほろばのDHISサービスについてお尋ねになりたいことはお気軽にどうぞ!
お名前
返信メールアドレス 正確にお願いします。
お問い合わせ内容

●レンタルエコノミー ●(共用)ビジネスホスティング ●SSLサーバ
●専用サーバ ●レンタルDBサーバ ●まほろば会員入会
Copyright (C) 1997- AMIC CO., LTD. All rights reserved.
会社概要・まほろば | 個人情報の取扱い | サービス約款